前へ
次へ

不動産競売の流れについて

不動産競売とは、借り入れの際に設定した担保権(抵当権、根抵当権などの設定)を実行されることです。競売

more

不動産の競売物件とは

不動産の競売物件は市場価格より安い価格で入手が可能であります。だいたい数字でいいますと市場価格の6割

more

不動産の競売を詳しく

多くの方は金融機関などで住宅ローンを組んで購入しているのが多数です、しかし何らかの理由でローンが払え

more

フランチャイズ加盟のメリットとは

不動産会社を経営する場合には、フランチャイズに加盟するのが効率的です。特に知名度の高いフランチャイズを選ぶことで、ブランド力が生かせるので、新規顧客も獲得しやすくなるのです。また全国の物件ネットワークも活用できるので、顧客へのサービスも充実させることができるのです。また加盟しても個別の店舗の独自性を出すこともできるので、地域に密着した不動産業者を目指すこともできるのです。そのために地域のニーズに合わせて、賃貸物件の仲介をメインとした事業展開も行えるのです。また中古の一戸建てやマンションを取り扱う場合には、地元だけではなくて遠方の購入希望者のニーズにも対応できるので、売り上げアップも実現できるのです。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

相続税を期限までに納税できない場合には

基礎控除額を超える価格の財産を相続した場合には、相続税の申告と納税をする必要が生じます。この手続きは、相続が開始したことを知った日の翌日から10ヶ月以内に行わなくてはならないことになっています。残されていた遺産の大部分が預貯金であった場合なら、口座から現金を引き出して納税資金にあてることができます。しかし、遺産の大部分が不動産であったりすると、厄介なことになってしまう可能性があります。納税資金を用意するために相続した不動産を売却せざるを得なくなるケースがかなりありますが、期限までに売却できるという保証はありません。そのような場合には、延納制度や物納制度を利用することができます。ただし、延納や物納を希望している場合は、納期限までにその申請手続きを済ませておく必要があります。

Page Top